最小の時間で最大のぜい肉を落とす。

 高強度インターバルトレーニング

ACSM(アメリカスポーツ医学会)が発表した世界のフィットネス・トレンド2016で第3位が高強度インターバルトレーニング(HIIT)です。
メリットはHIITをおこなうと体脂肪が通常の有酸素運動と比較して6倍の燃焼効果があると言われてます。

マスタースピリットに入荷している、このトレッドミルは日本で10台のみだそうです。
私は以前からスレッドプッシュ(そり押し*写真1)やパラシュートトレーニング(パラシュートの抵抗を受けながら走る*写真2)

 

prowler-push

写真1

parachute-training

写真2

をクライアントのため、そして当ジムのために取り込みたかったのですが、それには米国のジムのような広大な面積が必要でした。
しかし、この新しいトレッドミルは面積の制約を突き破りマスタースピリットでもパワー、スピード、持久力、瞬発力、敏捷性、これらの向上、強化することを可能にしてくれました。

このトレッドミルは、まるでフルコースの最後のデザートがテーブルに出てきた時のようなテンションを感じさせてくれます。

巷のジムにある、おなじみの電動式トレッドミルで走っている方もいると思います。
1時間、電動式トレッドミルで走るか。
1分間、この新しい自走式(セルフパワー)トレッドミルで走るか。
電動式トレッドミルは自走式トレッドミルに比べ楽に走れます。
ベルトが常に自動で動いてくれているので実際は自走に比べ大臀筋やハムストリングス、そして大腿四頭筋の力は自走ほど出力されていません。(*ベルトが自動回転する電動式ですので。)

例えば電動自転車、電動ドリル、電動シェーバー、これらは利便性を提供しています。
では鍛錬する器具が電動式の場合どうでしょう?
仮にダンベルが電動式だったら望む効果は得られません。
ダンベルも自分の体重も、要はウェイトです。
走ることもA地点からB地点まで自分の体重を移動させるという運動になります。
鍛錬する方法において言えば電動式で負荷を軽減させて走るより自走式の方が体に効きます。
自走式トレッドミル(セルフパワー)は100%、自分の下半身の筋力をつかえます。

この新しいマシンは傾斜が、あらかじめ7度に設定してあり、前、横、後ろ向きに走ることができます。
前でスプリント、横でアジリティ、後ろ向き走りではハムストリングを強化できます。
また骨盤を安定させる安全ベルト(*写真3)がついていますので走りなれていない初心者や女性でも安心です。

 

s-4

写真3

走り心地は限りなく平地でのランニングに等しく負荷は各個人に合わせ設定できます。
この負荷は摩擦スレッドブレーキ(レベル1~レベル8 *写真4)とマグネットブレーキ(レベル1~レベル11 *写真5)が装備されおりスピード&ストレングストレーニング、両方できます。

 

s%ef%bc%93

写真4

s%ef%bc%92

写真5

速度は自走式ですので無制限です。

私は自分で、このマシンの納入日に走ってみました。
20秒の全速力を2~3回おこなっただけでしたが
心拍数は上がり下半身に効き疲労具合やパンプを確認できました。

 

この新しいトレッドミルは

こんな方に貢献する。

 

○ ダイエットされてる方(脂肪を撃退)

○ 美脚になりたい方

○ 健康維持増進が目的の方(老若男女)

○ 美尻になりたい方

○ 走るスポーツや競技すべて(種目や距離問わず)

○ メンタルタフネスを養いたい方

○ アスリート(子ども、大人)

○ 生活の質を高めたい方

○ ファイター、ラグビー(タックル強化、敏捷性向上)

○ 追い込みたい方

○ ダンサー (心肺機能の強化、持久力の向上)

○ 新しもの好きの方

○ 高齢者(筋量減少の対策に*負荷をかけ歩くだけでも効果がある)

○ HIITを体験してみたい方

○ 美しいボディラインを作りたい方

 

この新しいマシン1分間試してみて下さい。

今までにない新感覚が、あなたの体に入ります。

最小の時間で最大の効果を得るならマスタースピリットにある

この新しいマシンで。

パーソナルトレーナーは田中 傑幸です。

PS:電動式でお腹に巻いて、その振動でお腹を6つに割るというアイテムがありますが、あの商品を使用してお腹が6PACKになったという人に今まで私は会ったことがありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA